ガソリン容器への詰め替え販売に係る取扱いについて

令和元年7月18日に発生した京都府京都市伏見区における爆発火災を踏まえ、総務省消防庁から「給油取扱所におけるガソリンの容器への詰め替え販売に係る取扱いについて」(令和元年7月25日付消防危第95号)が通知され、下記内容について石油連盟及び全国石油商業組合連合会に対して要請がなされました。
給油取扱所事業者の皆様におかれましては、下記内容についての取組を推進していただきますよう、お願いいたします。

ガソリンの容器への詰め替え販売を行う場合
① 身分証の確認
② 使用目的の問いかけ
③ 販売記録の作成

を行うようご協力をお願いします。

事業者広報啓発用リーフレット
① ガソリンスタンド事業者の皆様へ こちら(316.9KB)[42clicks]
② ガソリンを携行缶で購入される皆様へ こちら(567.5KB)[56clicks]



火災発生情報配信中!
火災発生情報確認はこちら

ページのトップへ戻る