消防本部 - お知らせ一覧


 過去の「お知らせ」を、最新のものから10件分を一覧掲載しています。
 ここに掲載されていない古い「お知らせ」をお探しの場合は、「次へ」ボタンで切り替えてください。

«次へ || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | 前へ»
2021年05月18日 制限付き一般競争入札(建設工事)の実施について

下記工事の制限付き一般競争入札を実施します。
入札参加を希望する場合は、入札参加申請書等を提出してください。
【令和3年5月18日告示】
南島原消防署口之津分署庁舎新築工事
関係書類  様式(クリックしてダウンロード)   
公告文                         PDF(389KB)[35clicks]
制限付き一般競争入札参加申請書             WORD(29.5KB)[10clicks]
特定建設工事共同企業体協定書              WORD(33.5KB)[10clicks]
共同企業体の経営規模総括表               WORD(51KB)[7clicks]
同種・類似工事の施工実績                WORD(32.5KB)[8clicks]
配置予定技術者等の資格・工事経験            WORD(33KB)[10clicks]
入札書                         WORD(44.5KB)[5clicks]
工事費内訳書                      WORD(40.5KB)[7clicks]
委任状                         WORD(43KB)[7clicks]
質問回答書                       WORD(47KB)[7clicks]
入札書及び委任状の作成例                PDF(180.4KB)[7clicks]
工事費内訳書の作成例                  PDF(235KB)[6clicks]
入札用封筒の作成例                   PDF(68KB)[5clicks]
建設工事における最低制限価格の
取り扱いについて    
 PDF(74.2KB)[9clicks]
2021年05月11日 令和3年度 九州一斉住宅用火災警報器普及啓発キャンペーンの実施について
島原広域消防本部では、6月1日(火)から6月7日(月)までの7日間、「令和3年度 九州一斉住宅用火災警報器普及啓発キャンペーン」を実施します。

PR動画
① 九州一斉住宅用火災警報器普及啓発キャンペーン動画 こちら
② 忘れていませんか? 火災から命を守る住宅用火災警報器の点検・交換! こちら

目的
 九州の各消防本部が一斉に住宅用火災警報器の設置の徹底及び適切な維持管理の周知に関する普及啓発キャンペーンを行うことにより、住宅火災による被害の更なる軽減を目的としています。

どうして住宅用火災警報器の設置が必要なの?
(1)火災による死者の8割は「住宅火災」です。
(2)住宅火災による死者の約5割は「逃げ遅れ」です。
(3)住宅火災による死者の約7割は「高齢者」です。

火災を早く発見し「逃げ遅れ」を防ぐためには…

火災の煙や熱を自動で感知し、警報音などで火災の発生を早期に知らせる住宅用火災警報器が非常に有効です!!

住宅用火災警報器の設置方法等は"こちら"

住宅用火災警報器の奏功事例はこちら⇓
島原広域消防本部管内の奏功事例(299.7KB)[302clicks]

住宅用火災警報器の維持管理については⇓
こちら(363.2KB)[675clicks]

住宅用火災警報器の点検方法は⇓
こちら(総務省消防庁作成)(1.6MB)[7clicks]
こちら((一社)日本火災報知機工業会作成)(1.6MB)[603clicks]

住宅用火災警報器の購入に関する問合せ先一覧は "こちら”をご覧ください。
((一社)日本火災報知機工業会のホームページに移動します)


キャンペーン中の実施内容
(1)防災無線、各種メディア等を活用した広報
(2)住警器のぼりを設置、消防車両による巡回広報
(3)各消防署へ住宅用火災警報器相談窓口を設置

※ 本年度は新型コロナウイルス感染防止の観点から、各種メディア等を活用した広報を中心に実施します!

※ 九州一斉住宅用火災警報器普及啓発キャンペーンリーフレット 島原消防本部Ver. こちら(604.6KB)[7clicks]

令和3年度全国統一防火標語
    『 おうち時間 家族で点検 火の始末
2021年04月20日 東京都新宿区における二酸化炭素消火設備の放出事故を受けた注意喚起について
 令和3年4月15日、東京都新宿区において、二酸化炭素を消火剤とする不活性ガス消火設備(以下「二酸化炭素消火設備」という。)から何らかの理由で二酸化炭素が放出され、死者4名、負傷者2名を出す事故が発生しました。これまで、消防庁から、昨年12月の愛知県名古屋市や本年1月の東京都港区における二酸化炭素消火設備の放出事故の発生を踏まえ、「二酸化炭素消火設備の放出事故の発生について」(令和2年12月23日付け消防予第410号。以下「410号通知」という。)及び「東京都港区における二酸化炭素消火設備の放出事故の発生について」(令和3年1月28日付け消防予第22号。以下「22号通知」という。)が発出され、注意喚起されたところです。
 今回の事故の原因については、関係機関による調査が行われており、現時点では明らかとなっておりませんが、類似の事故発生を防止するための当面の対応として、410号通知及び22号通知の内容のほか、下記の事項を遵守していただきますようお願いします。
留意事項
① 二酸化炭素消火設備が設けられている付近で工事等が行われる場合は、誤作動や誤放出(以下「誤作動等」という。)を防止するため、第三類の消防設備士又は二酸化炭素消火設備を熟知した第一種の消防設備点検資格者が立ち会って監督を行うことにより、必要な安全対策の管理がなされる体制を確保すること。

② 二酸化炭素消火設備が設けられている付近で工事等を開始する際は、その都度、当該工事等の従事者に対し、消火剤が放出されないよう閉止弁を閉止する等の措置を講じた上でなければ当該工事等を開始しないなど、必要な安全対策の内容について説明し、当該安全対策の確実な履行を徹底すること。

関係通知
【消防予第187号】東京都新宿区における二酸化炭素消火設備の放出事故を受けた注意喚起について(令和3年4月15日) こちら(444.4KB)[22clicks]

【消防予第410号】二酸化炭素消火設備の放出事故の発生について(令和2年12月23日) こちら(127.1KB)[21clicks]

【消防予第22号】東京都港区における二酸化炭素消火設備の放出事故の発生について(令和3年1月28日) こちら(96.7KB)[20clicks]

2021年04月02日 「消防用設備等点検アプリ」の本格運用開始について
 昨年度から試行的に運用されていた「消防用設備等点検アプリ」(以下「アプリ」という。)について、本格的な運用が開始されましたのでお知らせいたします。
 なお、下記のとおり留意事項について、取りまとめられましたので、ご確認のうえ、利用いただきますようお願いします。
留意事項
① アプリは、「App Store」又は「Google Play」でダウンロード可能であること。ま た、消防庁ホームページからもアクセス可能であること。
 ・消防庁HP こちら

② アプリを使用できる端末は、iOS 11以上又はiPadOS 13以上のiPhone及びiPad並 びにAndroid 8.0以上のスマートフォン及びタブレット端末であること。

消防庁作成リーフレット
リーフレット こちら(1.7MB)[29clicks]

関係通知
【消防予第131号】「消防用設備等点検アプリ」の本格運用開始について(令和3年3月31日) こちら(1.7MB)[26clicks]

【消防予第76号】「消防用設備等点検アプリ」(試行版)の運用開始について(令和2年3月31日) こちら(131.8KB)[30clicks]

2021年02月18日 令和3年春季火災予防運動の実施について
来る、3月1日(月)から3月7日(日)までの7日間、「令和3年春季火災予防運動」を実施します。

目的
 この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。

重点目標
(1)住宅防火対策の推進
(2)焼却行為からの火災発生防止対策の推進
(3)重大違反防火対象物に対する是正指導の推進
(4)消毒用アルコールの安全管理の推進
(5)車両火災予防対策の推進
(6)防火啓発活動

令和3年春季火災予防運動実施要綱はこちら⇒
令和3年春季火災予防運動実施要綱(202.3KB)[45clicks]

主なイベント
令和3年3月1日(月)
○9:00~
一日消防署長委嘱状交付式(場所:南島原消防署2階多目的室)
市民の中から適任者(株式会社ひまわりてれび 中野可菜さん)に一日消防署長を委嘱し、火災予防啓発活動を行います。
なお、例年実施している防火啓発パレード等は新型コロナウイルス感染症の感染防止を目的に中止します。

令和2年度全国統一防火標語
    『 その火事を 防ぐあなたに 金メダル 』
2021年02月12日 令和3年消防職員意見発表会について
令和3年2月10日(水)に「令和3年消防職員意見発表会」を開催しました。
(※感染対策として、発表演台へのアクリル板の設置、発表者毎の演台等の消毒、観覧者の人数制限、定期的な換気等を行いながら実施しました。)
本発表会は、職員人材育成の一環として、意見の発表を通じ、発表力、表現力及び説得力を養うとともに、消防職員の職責に対する自覚と士気の高揚を図ることを目的に毎年実施しているものです。
今年は、各所属の代表者8名により、熱い発表が繰り広げられました。
本発表会の最優秀賞者は、令和3年4月6日(火)平戸市で開催予定の「第44回長崎県下消防職員意見発表会」への当消防本部代表者として出場することになっています。

消防職員意見発表会概要
○日  時  令和3年2月10日(水)10時00分から11時45分
○場  所  島原地域広域市町村圏組合消防本部 4階多目的ホール
○テ ー マ  消防防災に関すること
○発表時間  5分間

開催結果
○最優秀賞
 発表順3番 島原消防署北分署 消防士 本多 弘幸
 テーマ「あなたは持っていますか」

○優秀賞
 発表順1番 南島原消防署布津分署 消防士 森永 涼市
 テーマ「視覚で守るあなたの命」

開催風景


2021年01月20日 消防法令に定める様式の押印省略について
 消防法施行規則等が改正され、届出及び申請の一部様式について㊞マークが削除され、押印が不要となりました。
 これに伴い、当ホームページからダウンロードができる様式についても改正様式をアップロードしております。
 なお、当組合火災予防関係の各種様式についても、現在精査中ではありますが、㊞マークを削除する予定です。
 様式によっては、㊞マークがある状態でも押印を不要とする取扱いをしておりますので、届出・申請前に提出予定の消防署・分署へ御確認をお願いします。
防火管理に関する申請・届出書類(抜粋)
・消防計画作成(変更)届出書
・防火防災管理者選任(解任)届出書
・全体についての消防計画作成(変更)届出書
・統括防火防災管理者選任(解任)届出書
・自衛消防組織設置(変更)届出書

火災予防に関する報告・申請・届出書類(抜粋)
・防火対象物点検結果報告書
・防火対象物点検報告特例認定申請書
・管理権原者変更届出書
・防災管理点検結果報告書
・防災管理点検報告特例認定申請書
・消防用設備等(特殊消防用設備等)点検結果報告書

危険物に関する申請・届出書類(抜粋)
・圧縮アセチレンガス等の貯蔵又は取扱いの開始(廃止)届出書
・危険物製造所等設置許可申請書
・危険物製造所等変更許可申請書
・危険物製造所等仮使用承認申請書
・危険物製造所等変更許可及び仮使用申請書
・危険物製造所等完成検査申請書
・完成検査済証再交付申請書
・危険物製造所等完成検査前検査申請書
・危険物製造所等譲渡引渡届出書
・危険物製造所等倍数変更等届出書
・危険物製造所等廃止届出書
・危険物保安監督者選任解任届出書
・予防規程認可申請書
・休止中の地下貯蔵タンク等の漏れの点検期間延長申請書
・休止中の地下埋設配管の漏れの点検期間延長申請書

電子メールを利用した届出及び申請について
 押印が不要となることに伴い、電子メールを利用した届出及び申請が可能です。
 電子メールを利用した届出及び申請を希望する場合は、届出及び申請先の消防署・分署へ電話にてご連絡をお願いします。送付者が特定できる場合のみ、送付用アドレスをお伝えします。

報道資料
【報道資料】消防法施行規則の一部を改正する省令(案)等に対する意見公募の結果及び改正省令等の公布(令和2年12月25日) こちら(1.5MB)[85clicks]

【報道資料】危険物の規制に関する規則等の一部を改正する省令(案)に対する意見公募の結果及び改正省令の公布(令和2年12月25日) こちら(786.1KB)[64clicks]

2020年12月21日 年末年始における火災予防について
 年末年始は、暖房器具等の使用が増え、乾燥期といった火災が起こりやすい時期になります。
 今年度においては、新型コロナウイルス感染症対策のため、家で過ごす時間が増え、住宅での火災の危険性が高まることから、火気を使用する場合は十分に注意するようお願いします。
 また、大掃除の際は、住宅用火災警報器の点検・交換をお願いします。
消防庁からの情報提供
・住宅火災の発火源別死者数 こちら

・住宅防火 いのちを守る 7つのポイント こちら(135.9KB)[84clicks]

・ストーブの安全な取扱いについて こちら(722.2KB)[71clicks]

・電気器具の安全な取扱い こちら(503.7KB)[69clicks]

・ガス機器による火災及びガス事故の防止 こちら

・住宅用火災警報器の点検・交換 こちら

関係通知
【事務連絡】年末年始における火災予防に係る注意喚起等について(令和2年12月15日) こちら(133.3KB)[104clicks]

2020年10月12日 令和2年秋季火災予防運動の実施について
来る、11月9日(月)から11月15日(日)までの7日間、「令和2年秋季火災予防運動」を実施します。

目的
 この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。

重点目標
(1)住宅防火対策の推進
(2)焼却行為からの火災発生防止対策の推進
(3)重大違反防火対象物に対する是正指導の推進
(4)消毒用アルコールの安全管理の推進
(5)防火啓発活動

令和2年秋季火災予防運動実施要綱は こちら(224KB)[165clicks]

主なイベント
令和2年11月9日(月)
○8:35~ 8:55
一日消防署長委嘱状交付式(場所:島原消防本部4階 多目的ホール)
島原市出身の元名古屋テレビ放送アナウンサー佐藤倫子さんに一日消防署長を委嘱し、火災予防啓発活動を行います。
○10:45~11:30
防火啓発事業
幼年消防クラブ員を対象に防火啓発事業を行います。
○12:00~13:00
防火啓発活動
カボチャテレビ、FMしまばらのスタジオから生出演、防火啓発PRを行います。

令和2年度全国統一防火標語
    『 その火事を 防ぐあなたに 金メダル 』

防火対策の推進映像 ー地震火災ー こちら
2020年10月06日 令和3年度全国統一防火標語の募集について
総務省消防庁では、家庭や職場・地域における防火意識の高揚を図ることを目的として、(一社)日本損害保険協会との共催で、令和3年度全国統一防火標語の募集を下記のとおり行っております。

【応募方法】WEB
【締切り】令和2年12月6日(日)
【発表】令和3年3月下旬
【問い合わせ先】(一社)日本損害保険協会
        業務企画部 防災・安全グループ
        TEL(03)3255‐1294

応募する場合は、下記のバナーをクリックして下さい。

火災発生情報配信中!
火災発生情報確認はこちら

ページのトップへ戻る