総務課

 島原地域広域市町村圏組合は、長崎県の南東に位置し、有明海と橘湾に囲まれた島原半島にあります。市町村の枠を超えた広域的な行政事務を行うために設立された一部事務組合です。昭和46年04月の発足当時は、島原市と周辺町の1市11町で構成され、「広域行政圏計画の策定」、「不燃物ごみ処理」、「広域電算」、「常備消防・救急」などの広域行政事務事業を共同で行っていました。
 その後、平成7年に「ふるさと市町村圏の地域指定」、平成11年には「介護保険業務」を取り入れる中で島原半島全市町(1市16町)構成となり、市町村合併を経た現在では構成3市体制となっています。

CONTENTS MENU
お知らせ:本組合全般のお知らせ一覧
広域行政とは:広域行政圏の概要
共同処理事務:島原広域圏組合が共同処理する事務
組合のあゆみ:昭和44年から現在までの組合のあゆみ
構成市町村:構成3市の人口・世帯・面積など
地球温暖化防止への取り組み:取り組み状況の公表

What's New!-お知らせ

一覧を見る

火災発生情報配信中!
火災発生情報確認はこちら

ページのトップへ戻る