令和2年度危険物安全週間について

来る、6月7日(日)から6月13日(土)の一週間、全国一斉に「危険物安全週間」が実施されます。

目的
 危険物の保安に対する意識の高揚及び啓発を推進することにより、各事業所における自主保安体制の確立を図るため「危険物安全週間」を設けるものとする。

重点実施事項
(1)危険物施設における保安体制の整備促進
(2)危険物に関する知識の啓蒙普及

ガソリン携行缶使用時の注意事項
・周囲の安全確認
・フタを開ける前に機械類のエンジンを停止し、携行缶のエア抜きをする
・高温の場所におかない
※詳細はこちら ガソリン携行缶リーフレット(153.5KB)[853clicks]

消毒用アルコール使用時の注意事項
 今般の新型コロナウイルス感染症の予防対策で、消毒用アルコールを使用する機会が増えています。
 消毒用アルコールは火気により引火しやすく、また、発生する蒸気は可燃性で空気より重く低所に滞留しやすいため、取り扱う場合には次の項目に注意してください。
・消毒用アルコールの使用に際して、火気の近くでは使用しないこと。
・室内の消毒や消毒用アルコールの容器詰替え等に伴い、可燃性蒸気が滞留するおそれのある場合には、通風性の良い場所や換気が行われている場所で行うこと。また、みだりに可燃性蒸気を発生させないため、密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧は避けること。
・消毒用アルコールの容器を設置・保管する場所は、直射日光が当たる場所や高温となる場所を避けること。また、消毒用アルコールの容器を落下させたり、衝撃を与えたりする等しないこと。
・消毒用アルコールを容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれ又は飛散しないよう注意するとともに、詰め替えた容器に消毒用アルコールである旨や「火気厳禁」等の注意事項を記載すること。
 ※詳細はこちら アルコールリーフレット(648.4KB)[28clicks]


令和2年度危険物安全週間
『訓練で 確かな信頼 積み重ね』 (ポスターモデル:藤田菜七子騎手)



火災発生情報配信中!
火災発生情報確認はこちら

ページのトップへ戻る